経営脳を刺激する
ビジネスセミナー情報サイト

tel

menuclose

 

樋原塾

超入門CVC
(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)の取り組み方

~起ち上げ前に知っておくべき、実践の手引き~

  • CVCの実情と現実を知る
  • CVCにおける、組織と人材ー適任者は誰かー
  • 実践!仮想CVCの設立

    開催日時

    2019年 1月 31日(木) 13:00~17:00 (受付 12:30~ )

    会場

    ※ 開催会場は東京都内を予定しております。
        開催日が近くなりましたらご案内申し上げます。

    参加対象者

    経営者、役員、 イノベーション担当、事業投資、CVCをご担当あるいはご検討されている方々

    ¥32,000(お一人様税込み)

    最小遂行20名(最小遂行人数に満たない場合は開催を中止とさせて頂きます)

     

    主催:株式会社ビジネス・フォーラム事務局

講師のご紹介

 

早稲田大学ビジネススクール 准教授

樋原 伸彦

 

1988年東京大学教養学部教養学科(国際関係論)卒業、東京銀行(現・三菱UFJ銀行)入行。世界銀行コンサルタント、通商産業省通商産業研究所(現・経済産業省経済産業研究所)客員研究員、米コロンビア大学ビジネススクール日本経済経営研究所助手、カナダ・サスカチュワン大学ビジネススクール助教授、立命館大学経営学部准教授を経て、2011年から現職。米コロンビア大学大学院でPh.D.(経済学)を取得。専門はファイナンス全般、特にベンチャーキャピタル、イノベーションのためのファイナンスなど。CVC連載インタビューを担当。https://www.b-forum.net/series/cat/cvc/ 樋原伸彦 研究室:https://hibara-wbs.com

本塾開講のポイント

破壊的なイノベーションが次々と起こる昨今のビジネス環境において、新たなビジネスの種や情報を求め、世界のベンチャー企業と協業する企業は増えています。その一例として、CVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)を立ち上げ、世界のベンチャー企業に投資するという形で世界初の技術やアイディアにリーチする方法を採る企業も増えています。

しかし、CVCと一口に言っても、企業によって掲げる目標や目的や千差万別であり、他社を真似るだけでは、真の目標は果たせません。CVCの立ち上げや運営には、どのようなポイントを抑えておく必要があるのでしょうか。

本塾では、早稲田大学にて教鞭をとる樋原先生をお招きし、CVCを検討している方々を対象に、超入門編として、CVC立ち上げを検討する前に念頭に置くべき心得と成功のキーファクターを考察致します。


プログラム

12:30~ 受付

 

 

13:00~13:30 フェーズ1【オープニング・アイスブレイク】

13:30~14:50 フェーズ2

 

立ち上げの前に

  • CVCとは何か。
  • 何故、多くの日本企業がCVCを始めるのか
  • CVCのメリット・デメリット
  • 世界・日本のCVCの実情と現実を知る
  • 立ち上げの前に知るべき要点

 

立ち上げるために

  • 何のためのCVCか。目標・目的の定め方。
  • CVC立ち上げの鍵は。
  • CVCにおける、組織と人材。ー適任者は誰かー
  • 本社とCVCの関係性 -権限委譲の実現ー

14:40~14:50 ブレイク

 

15:00~16:30 フェーズ3【ワークショップ】

 

実践!考えてみよう!仮想企業のCVC設立

  • グループワークにて、仮想のCVCを設立。
  • CVCの目的・投資対象・投資対象の判断基準・短期目標と中長期目標を定めて発表!

16:30 まとめ

 

17:00 終了

 

PAGE TOP