経営脳を刺激する
ビジネスセミナー情報サイト

tel

menuclose

  • 開催概要
  • プログラム詳細
第7回 一橋ビジネスレビュー・スタディセッション
ポーター賞15年に学ぶ日本企業の競争戦略

開催日時

2016年 5月 9日(月)19:00~20:30(受付開始 18:30~)

お申込みに関する注意事項:

一般および学生の方にはお申込後、『一橋ビジネスレビュー』2016年春号をお送りいたします。
 (*『一橋ビジネスレビュー』2016年春号の発送は、 3月15日(火)以降を予定しております。)
会場には必ず『一橋ビジネスレビュー』2016年春号を持参してください。

19:00~19:05 オープニング(5分間)

 

 

19:05~19:45 Session1 & 対談(40分間)

 

 ポーター賞15年に学ぶ 競争優位持続の条件

 

一橋大学大学院 国際企業戦略研究科
教授

大薗 恵美
一橋大学商学部卒業、住友銀行入行。ジョージ・ワシントン大学経営大学院にてMBA取得、一橋大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。一橋大学博士 (商学)。2000年より一橋大学国際企業戦略研究科にて教鞭を執る。2010年より現職。りそなホールディングス、ローソンの社外取締役を兼務。 2000年のポーター賞の創設以来、運営委員として分析などに携わっている。主な著書に『イノベーションの実践理論』(白桃書房)、Extreme Toyota: Radical Contradictions That Drive Success at the World's Best Manufacturer(John Wiley & Sons)などがある。
アジアにおける多様性に対応する事業戦略

 

HOYAビジョンケアカンパニー
アジア本部CEO

新田 康之

1991年HOYA株式会社入社、眼鏡事業部配属後、首都圏エリアを中心にカスタマーサービス、セールス、販売企画を担当後、2004年首都圏エリア販売 責任者を担当。2005年アジア・オセアニア本部企画担当を経て、2007年、董事長・総経理として中国に赴任。中国ビジネス拡大のため中国事業再編、 JVによる新会社設立・中国メーカーM&Aを実施。2012年アジア・オセアニア責任者として、中国・インドなど新興市場及びオセアニア地域にお ける事業拡大に従事。

19:50~20:30 Session2(40分間)

 

 

第4次産業革命が進む中、
日本企業の競争戦略はどうあるべきか?

一橋大学
名誉教授

石倉 洋子

上智大学外国語学部英語学科卒業後、フリーの通訳を経て、バージニア大学大学院にてMBA、ハーバード・ビジネス・スクールにて経営学博士(DBA)を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社で世界の企業戦略などのコンサルテーションに従事。青山学院大学国際政治経済学部、一橋大学大学院国際企業戦略研究科、慶應義塾大学院メディアデザイン研究科の各教授を歴任。ライフネット生命保険、日清食品ホールディングス、双日、資生堂の社外取締役を兼務。主な著書に『戦略シフト』『世界級キャリアのつくり方』(ともに東洋経済新報社)、『世界で活躍する人が大切にしている小さな心がけ』(日経BP社)などがある。

全プログラムを表示する(PDF)

本セミナーを社内に共有する

PAGE TOP