経営脳を刺激する
ビジネスセミナー情報サイト

tel

menuclose

SAP Finance Day 2018

  • 開催概要
  • プログラム詳細
  • お申し込み

SAP Finance Day 2018

CFO領域におけるデジタルテクノロジーの活用

~ これからのCFO部門に求められる人材・組織・システム ~

開催日時

2018年 3月 13日 (火) 13:00~18:00 (受付 12:30~)

参加対象者

企業の経営者層・CFO、および経理・財務・経営企画部門などご担当の役員・管理職の方々

13:00~13:10 開会のご挨拶(10分)

 

 

13:10~14:00 基調講演(50分)

 

 

デジタルの威力がもたらす変化と可能性

産業構造、社会構造、事業構造までをも変革する起爆剤がデジタルである。デジタルはすべての産業領域での事業や技術開発の再定義を促進し、生産性を向上させ新たな価値を創出する。どの部門であってもデジタルを切り離して考えることはできず、経営戦略として考えなければいけない。デジタルの有する特性を踏まえ、アナログプロセスのデジタル化の価値、事業領域や組織の再定義の必要性、先遣隊としての取り組みの必要性、インベンションとイノベーションの違い、汎用技術としてのICTのとらえ方を示しながら、デジタルを駆動力としたイノベーションについて述べる。

 

東京大学大学院工学系研究科 教授

森川 博之

東京大学大学院工学系研究科教授。OECDデジタル経済政策委員会(CDEP)副議長、新世代IoT/M2Mコンソーシアム会長等。デジタル変革時代の情報ネットワーク社会はどうあるべきか、「社会基盤としてのICT」と「エクスペリエンスとしてのICT」の二つの軸で未来のストーリーを創るべく研究・開発に取り組んでいる。

14:00~14:50 スポンサー特別講演(50分)

 

 

Digital Financeの現実

会計システムにもDigital化の波が来ている昨今、Cloud活用やAIといったキーワードが飛び交っている。 しかし、海外と日本の環境の違いもあって、すぐに使える部分とそうでない部分がこれまでの取り組みの中で見えてきている。日本企業に適した取り組みとはどういったものなのか、事例を通じて提案していきたい。

 

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
執行役員 パートナー Japan Technology Leader

安井 望

14:50~15:10  コーヒー・ブレイク(20分間)

 

 

15:10~15:55 選択セッション(45分)

下記2つのセッションよりご希望の講演をお選びください

 

15:55~16:05  ショート・ブレイク(10分間)

 

 

16:05~16:50 選択セッション(45分)

下記2つのセッションよりご希望の講演をお選びください

 

16:50~17:00 ショートブレイク(10分)

 

 

17:00~18:00 ゲスト特別講演(60分)

 

 

グローバル化とデジタル化 ~CFOに求められること~

日本企業がグローバルで戦い、勝ち抜いていくためには、「人材と組織のグローバル化」、そして「マーケティングとインフラのデジタル化」が、重要なポイントになると言われています。日本ならびに世界の市場が、大きく、そして加速度的に変化する中で、この変化に迅速に対応し、常に先を見据えたアクションを講じていくことが必要です。これまで経験したことがない変化が想定される中、これまでの常識の枠にとらわれない発想や判断のために、何が、私たちに求められているのかを一緒に考えたいと思います。

 

株式会社資生堂
執行役員常務 最高財務責任者 CFO

直川 紀夫

1989年、株式会社資生堂に入社後、国内で営業、商品開発を担当。1999年より海外の商品開発に従事し、ブランド「SHISEIDO」のグローバルマーケティングを担当。その後、経営企画部にて全社の戦略策定をリード。国際事業企画部、経営企画部の責任者を経て、2014年にCFOに就任。 CFOとして、事業展開する約120の国と地域の決算期統一やマトリクス組織への移行等の社内改革の中心となっており、世界で勝てる日本発のグローバル企業を目指していく。

PAGE TOP